カテゴリー
APEMAN A100 Trawo アクションカム ロードバイク

アクションカムを購入しました【APEMAN A100 Trawo】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は勤務明けなんですが、天気がイマイチなので多摩湖サイクリングには行かずに、先日購入したアクションカムを紹介したいと思います。

APEMAN A100 Trawo

今回購入したのは「APEMAN A100 Trawo」という機種になります。

本来ならばGoProかソニーのアクションカムが欲しかったんですが、何せ値段が高いので警備員の安い報酬では購入が難しいのと、本来ならば約1万円するところがAmazonのタイムセールで約7千円までに下がっていた事。

更に、ポイントとギフト券が合わせて5千円分あったので、実質約2千円程で購入できたというのがAPEMAN A100 Trawoを購入した理由です。

実際にはもっと安いアクションカムも存在しますが、手振れ補正や機能面を考えるとライバルはMUSONあたりになると思われますが、YouTubeでの比較動画を観ると手振れ補正の効き具合がAPEMAN A100 Trawoの方が良さげだったのでこれにしました。

このカメラの詳細については色々なユーチューバーの方がインプレしていますので、そちらをご覧頂くとして、早速、注文の翌日に直ぐ届くところはさすがAmazonプライムです。

で、箱を開けてみると様々なアダプターが入っていて、中にはハンドル取り付け用のアダプターも入っているんですが材質がプラスチックなのでイマイチ取り付けに不安があるので、ロードバイクのステムに取り付けたい政宗にとってはどれもイマイチなものばかりでAmazonで探しているといくつか候補が出てきました。

候補1モバイル/カメラ ホルダー

これは値段も1,000円程度でクランプ径も使用可能だったのですが、取り付けた際の見栄えを考えるとイマイチかな?と思ったので却下しました。

候補2REC-MOUNTS トップキャップマウント タイプ


これはスポーツバイクの色々なマウントを出しているREC-MOUNTS(レックマウント)の商品なんですが、全体的に高額なレックマウントの中でも約1,500円と手ごろな値段で、取り付け後の見栄えも悪くなさそうなのでこれにすることに決めました。

取り付け

取り付け方は簡単で、既に付いているヘッドキャップのネジを外して上に被せて取り付けるだけです。

まあ、これならカメラを取り付けても取り付けていなくてもあまり見栄えが変わらないのと、マウントがアルミなのでプラスチックのようにグラつくことも無いので良いのではないかと思います。

あとは実際に撮影してみてどうか?と言うところなんですが、それはまたお天気の良い日に試してみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です