天童木工の木製自転車が素晴らしい!【10.31放送のカンブリア宮殿】

スポンサーリンク

こんにちは、今日は勤務明けで晴天に恵まれましたが、家事や所用のためロードバイクに乗る時間が無くて非常に悔しい政宗であります。

さて、先日の10月31日に放送されたカンブリア宮殿の中で紹介された「天童木工」の木製自転車のクオリティーが素晴らしかったので紹介します。

天童木工の木製自転車

天童木工クロスバイク

response.jpより引用

response.jpより引用

response.jpより引用

スタイル的にはクロスバイクのようですが、天童木工の技術力ならロードバイクやマウンテンバイクなんかも作る事が可能でしょう。

response.jpより引用

流石にハブは既製品ですが、ホイールの造形は素晴らしいですね。

おそらくタイヤはチューブラーだと思われますので、乗り心地も良さそうです。

response.jpより引用

コンポーネントはシマノのマウンテンバイク用のSLXが装着されていますね。

この自転車は天童木工が得意とするプライウッドという薄くスライスした木材を積み重ねて接着した合板を曲げて作っているのが特徴で、無垢の木材に比べてプライウッドを使う事で約1.7倍の強度になるという事です。

木製自転車と言えば海外ではいくつか製造している工房がありますが国内では「佐野マジック」しか知りませんでした。

しかし、天童木工でも製作可能ということなので、木製自転車に乗ってみたいという人にとっては選択肢が増えて嬉しいですね。

ただ、佐野マジックでは一般にも受注しているのですが、天童木工はあくまでも展示品ということで、実際の受注を受けてくれるかは不明です。

おそらくフレーム重量は2㎏前後と思われますが、今乗っているセブンのチタンフレーム重量が1.5㎏と言うのを考えると木製で500gしか違わないというのは、ある意味驚異的だと思います。

まあ重量がどうのと言うのではなく、木製自転車がどんな乗り心地なのか一度乗ってみたい政宗であります。

ちなみに、工業デザイナーの柳宗理がデザインして有名になったhttps://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E5%A4%A9%E7%AB%A5%E6%9C%A8%E5%B7%A5/100804/” rel=”noopener” target=”_blank”>バタフライスツールも天童木工で制作されています。

スポンサーリンク

晴れが2日と続かない!

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日も関東地方は土砂降りの雨が降っていますが、天気予報によると夕方には小降りになり夜半にはお天気が回復するらしいということです。

これも、間接的な台風21号の影響らしいのですが、どうも今年の秋は晴れが2日と続かないのがちょっと残念です。

晴れと勤務の日程が合わない

このところの傾向としては、勤務日が秋晴れで勤務明けが曇りか雨というパターンの繰り返しで、なかなかサイクリングに出掛けられない日々が続いています。

たまには多摩湖以外にも少し足を延ばそうかとも思っているのですが、奥多摩は先日の台風による被害で道路が崩落したり、断水が続いている地区もあるようなのでしばらくはいかない方が良さげですね。

そうこうしているうちに日もずいぶんと短くなってきましたので、今年のロングツーリングは終了かな!

とは言え、大して遠い所には行ってませんが・・・。

まあ、とりあえずサクッと行って来れる多摩湖があって良かったです。

もうすぐ紅葉の季節ですから、これからまた楽しみですね。

本当ならば、雨の日にはロードバイクのメンテナンスをしたい所なんですが、我が家ではスペースの関係上厳しいのがもどかしいです。

と言う訳で、そろそろスカッとした秋晴れが2〜3日続いて欲しいと切に願う政宗でした。

スポンサーリンク

突っ込みどころ満載だった!24時間テレビ【絆のペダル】

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日はまるで避暑地のような涼しい朝で、サイクリングには絶好のお天気だったのですが、残念ながら仕事ということで(´Д` )

突っ込みどころ満載だった!24時間テレビ【絆のペダル】

24時間テレビはまあ色々と思うところがあっていつもは観ていないのですが、今回はロードレーサーの宮澤崇史選手実話を基にしたドラマということで、そこだけ観ることにしました。

色々と事情があって後半部分しか観れていないのですが、ドラマそのものは宮澤選手の人となりが分かって素晴らしいものでしたが、主演の相葉さんのイメージと宮澤選手のイメージが合わなすぎてちょっと違和感を覚えました。

その他のレースシーンや乗車シーンに関しては突っ込みどころ満載というよりか、突っ込みどころしか無いと言った内容でしたね。

全編に渡ってレースシーンは役者とエキストラでの構成でしたが、せめてゴールスプリントのシーンくらいは実際のレース映像を差し込んでも良かったように思いましたね。

やはり、ホンモノは迫力も違いますし、宮澤選手の凄さがもっと伝わったのでは無いかと思います。

それにしても、腹筋にメスを入れると想像もつかないようなダメージを受けるなんて、ドラマを観るまで知りませんでした。

更に自分の弱点を克服するのではなく、強いところを更に強化するという発想の転換で見事に復活を遂げたというエピソードは正に目から鱗が落ちました。

今日は勤務なので、明日の勤務明けで全編通して観る予定ですが、既に全日本選手権優勝のシーンで涙したことはナイショです(^^;;

スポンサーリンク

出川哲朗の充電させてもらえませんか?

スポンサーリンク

こんにちは、政宗です。

今日は雲間から薄日が差して、天候の回復を予感させる東京です。

ただ、夜にはまた雨予報が出ているので折りたたみ傘が手放せない一日になりそうです。

出川哲朗の充電させてもらえませんか?


スピッツがカバーした奥田民生のさすらいがテーマ曲のこの番組。

最初は深夜番組で、偶然チャンネルを回したらやっていたのが見始めるきっかけでした。

電動バイクという事で、「ふ~ん、電動バイクね!自転車と違って漕がないんだから楽なんでしょ!」ってな感じで最初はバカにして見ていたんですが、地元の人たちとのやり取りが結構面白くて、更に私が無類のスピッツ好きという事もあってテーマ曲を聴きたいの半分で録画して観るようになりました。

で、何回か見ているうちに、フル充電で20㎞しか走れないとか、充電に2時間掛かると言った時間の流れを見ていると、殆ど自転車でツーリングしているのと変わらない事が分かってきました。

それからと言うもの、行くところ行くところで自分なりに距離と時間で勝手にツーリングをシミュレーションしながら楽しむようになりました。

近いところでは埼玉県の川越あたりも走っていましたので、グーグルマップでコースを想像したり自転車のツーリングにも結構参考になる番組だと思っています。

特に出川ファンと言う訳でもありませんでしたが、最近では彼の自然体の人柄やファンへの対応などを見るにつけ大ファンになりました。

何かとバカにされがちな出川さんですが、人柄が良いので今や国民的な人気者になりましたね。

ちなみに出川さんはマセキ芸能社所属のタレントさんで、吉本の芸人さんではありません。

このところは吉本事務所が何かと世間を騒がせていますが、早く事態を収拾させて明るい笑いを見せて欲しいと思います。

スポンサーリンク